洋傘、スカーフ、ストール、
ファー、レインコートを製造販売するブロンズ

製品へのこだわり

Pursuing a Quality of Products

商品のSHITSU

商品のSHITSU

傘は生地、骨、手元などを含め10種類以上のパーツを使って造られています。
そのひとつひとつのパーツにそれぞれブロンズ独自の品質基準を定め、それらをクリアすることで安全な傘、壊れにくい傘を実現しています。
またもしも商品が壊れてしまった場合でも、できる限りの修復技術をもって修理をし、お客様に少しでも長い間使っていただけるよう対応しています。

物造りへの想いのSHITSU

物造りへの想いのSHITSU

1946年創業以来、我々は「傘屋しか造れない傘を造る」という想いを貫いて物造りをしてきました。
ただ単に傘の形をしているだけではない、安全で安心に使える、丈夫で長持ちする、持つことで知育にもつながる、
といった傘のことです。現在は傘だけではなく、ストールマフラーや毛皮なども取り扱っています。
『春夏秋冬、四季に感謝』の考えを基にブロンズの商品を持つことで少しでも「雨の日でも、寒い日でも楽しくなれる」とお客様に思って頂ける物造りのできる企業であり続けたいと考えています。

製造知識のSHITSU

製造知識のSHITSU

例えば生地1つにしても何百、何千といった種類があります。
その中で製品に合った品質、織り方、仕様等をそれぞれの専門プロの目で選択し、お客様の期待以上に満足していただける物造りを常に心掛けています。
毛皮に関してはヨーロッパより自らで厳選した原皮を直接輸入し、国内で加工し、日本製毛皮として市場に提供しています。